男性型脱毛症


男性脱毛症というのは、いわゆる男性のハゲのことを言います。
男性が脱毛するというのは、年齢をかさむにつれ、当たり前の現象ですが、中には永遠に禿げない方もいらっしゃいます。
その一方で、20代にして男性脱毛症が始まってしまう方もいらっしゃいます。
男性脱毛症の原因として、よく言うのが、『親父のもじいちゃんのはげていたから、俺もはげる』というセリフです。
それ自体、信ぴょう性もないことはないことですが、現在男性脱毛症の原因として考えられるのは、その方の生活習慣です。
食生活、男性ホルモン、ヘアケア、ストレスなどが、男性脱毛症を引き起こすと考えられています。
その方のヘアサイクルで、順調に発毛が繰り返されれば良いのですが、上記のような原因で、成長期が短縮され、本来はふさふさの毛髪になるところが、抜け落ちてしまい、男性脱毛症ということになってしまうようです。
現在、日本人男性の約30%が男性型脱毛症の可能性があると言われています。
男性脱毛症の治療は、皮膚科にいくと良いでしょう。
そんなことはせずに、育毛剤を使うという手もありますが、その前に生活習慣の見直しをすることをオススメします。
もう年だから、と諦めてしまう前に、あらゆる手段を考えてみてください。
皮膚科はその後でも良いかもしれません。
とはいっても、20代男性の場合は、焦りもあるかもしれません。
そんな時には、皮膚科に直行することで、男性脱毛症と診断をされてから考える方が良いでしょう。