薬物性脱毛症 


薬物性脱毛症とは、飲んでいる薬によって脱毛か起こることを言います。
薬とは、病気を治すために飲むものですが、健康な部分にまで影響を与える強い薬の場合もあります。
当然病気も良い方向に改善されている証拠ですが、いかんせんこのような副作用については、閉口してしまうこともあります。
それが脱毛で現れるのが、薬物性脱毛症です。
代表的なものに、抗がん剤があります。
見事に頭髪がなくなってしまうほどの脱毛症になってしまいますが、男性女性関係なく、女性もきれいなスキンヘッドになってしまいます。
薬物性脱毛症の場合、薬をやめることで、元通りの発毛ができます。
この点だけを押さえておき、とりあえずは、薬物性脱毛症と戦うしかありません。
脱毛症が嫌だからと薬を変えることができないことがほとんどです。
医師からの最初の説明で、この薬をのむと脱毛しますとある場合は、それなりの覚悟をしてください。
ただ、ストレスをためてばかりいては、悪影響がありますから、薬が聞いている証拠なのだと考え、そのままの状態で脱毛症を見守ることが大切かもしれません。
一応医師に相談をしてみるのも良いですが、あまり期待をせずに、まずは病気を治すことに専念をしてください。
脱毛症に関しては、薬が要らないほど元気になればOKというくらいの気構えがほしいところでしょう。
機械的脱毛症と同様に、自らが脱毛症を起こしていると思うことで、しばらくは我慢ですね。
帽子などのファッションを楽しみましょう。