機械的脱毛症


脱毛症の中でも、普段の生活の習慣でなってしまうものに、機械的脱毛症があります。
特に女性に多い症状ですが、ずっと同じ髪型で、強く髪の毛を結んでいることで、その部分の毛が薄くなってしまうことを言います。
機械的脱毛症の中でも、牽引性脱毛症とは、ポニーテールなどで強く毛髪を引っ張る状態を続けていること、圧迫性脱毛症は帽子などで、頭皮を強く圧迫し続けることで、脱毛症の原因となります。
髪型や帽子などは、女性にとっては、ファッションアイテムの一つで、欠かせない存在と言えます。
どうしても、その髪型でいなければならないという場合もあるかもしれませんが、脱毛症になるまで極端なものはやはり避けたほうが良いかもしれません。
圧迫性脱毛症の場合は、頭皮の健康も気になるところです。
脱毛ばかりではなく、いつも頭皮が蒸れている、脂漏性脱毛症になってしまうなどの脱毛症の条件が揃ってしまうなどの危険性も考えられます。
こういった機械的な脱毛症に関しては、気づいた時点でその格好をやめるだけで改善をすることができます。
医療機関にいくこともないですが、肝心なのは、それに気がつくということかもしれません。
髪型などを変えることが困難という場合でも、脱毛症になったのでは、変えざるを得ないことになります。
それで、機械的脱毛症が治るとわかっていますから、ぜひ考えてみてください。
この場合の脱毛は、自分で作っているということになりますので、治す事も可能なのです。