トリコチロマニー


脱毛症の中でも深刻なのがトリコチロマニーです。
これは、自分で髪をぬいてしまうことで、脱毛症になってしまうのです。
自然と毛が抜けというのではなく、何かのきっかけで、毛を抜くクセができてしまうことを言います。
当然本人は、毛を抜く行為自体わかっていないこともあり、気がついてたら髪を抜いていたというものです。
また、いっぺんにそんなに力を入れずに、髪を引っ張る癖があり、何かの拍子にパラパラと髪が落ちてしまうなど、自ら手を下して脱毛症にしてしまうことを言います。
原因は、精神的なストレスで、心理的な脅迫感から、つい髪をひっぱることで、気持を落ち着かせていると言う事も言えます。
と言っても、本人ではなく周りの方が気づくことが多いトリコチロマニーで、そんなことをやめるように進言をしても、自覚がない本人はよくわかっていません。
根本的な解決は、ストレス解消に他ならず、心療内科や精神科に相談に行くことをオススメします。
見た目では、円形脱毛症のような感じですから、精神的に病んでいると言う事もわかりません。
しかし、本人もそのことに気がついていないということが多いですから、相談に行くときも慎重に進めることが大切です。
私がおかしい?どうして?というように、事態が深刻になっていくと、どんどん自分を傷つけようとします。
周りの解決法としては、生活環境を変えるのも一つの手です。
トリコチロマニー自体病気ではありませんから、精神的なストレスから解放された時には、自然と脱毛症は治っていきます。